FC2ブログ

    続・火星人印のスプーン

      (前編)


      問い合わせのメールに返事をもらえましたので要約を掲載
      --
      1. 火星人印の製品について
      マーシャンロゴ入りの製品は、業務用のカトラリー(ナイフ、スプーンなど)と百貨店等で販売しているカトラリーがございます。

      カトラリー以外ですと、柳宗理デザインのステンレス鍋、ケトル類となります。
      一部ですが、弊社ホームページで掲載しております。
        ↓
      http://www.satoshoji.co.jp/business/index5_1.html#bra1


      以前は、ステンレスポットや紅茶セットなどのマーシャンブランドの製品を作って売っていたのですが、今では製造しておりません。


      2.柳宗理デザイン製品と火星人印について
      柳先生にデザインを依頼し1974年に発売されたステンレスカトラリーから始まります。

      その後弊社が柳事務所さんにデザインを依頼し、製造販売してきた商品にはマーシャンマークをいれております。

      もともと商品化されていたアイテムで、現在弊社で扱っている柳デザイン製品もございます。
      そういったアイテムにはマーシャンマークはついておりません。
      http://www.yanagi-support.jp/series/index.html


      3.入手経路について
      業務用に関しては、一般のお客様への小売は行なっていないのですが、百貨店、専門店等でマーシャンブランド製品(柳宗理含む)を販売いたしております。

      主要な百貨店さんではお取り扱いいただいております。特に柳宗理製品に関しての販売店はこちらをご参照ください。
      http://www.yanagi-support.jp/store/index.html


      4.ロゴの作者について
      マーシャンマークは佐藤商事の商標でもあります。
      佐藤商事の創業者がヨーロッパ視察の際、イギリスのある会社のオイルポンプ
      からヒントを得て選定したものと言われております。
      (どんなオイルポンプだったのかはわからないのですが・・・)


      5.マーシャンの由来について
      始めに佐藤商事のマークとして、マーシャンマークがあり、佐藤商事のオリジナルブランドなので洋食器、調理器具にマーシャンマークをつけたという流れです。

      ではここで簡単ではございますが、マーシャンマークの由来をご説明いたします。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      マーシャンマークは1946年、佐藤商事株式会社のシンボルマークとして、当時の会長が発案し、誕生しました。

      時は終戦直後の物情騒然のおり。会長は会社の今後の成長を祈り、会社を生まれたばかりの赤ん坊であるとしました。
      しかも、超人的なファイトと努力による社会貢献を第一とするため、左右に踏ん張る元気な足、スパナをかたどったチャンスをつかむ手を必要としました。
      また、世の中の動きを敏感にキャッチする5本の髪の毛は、地球5大陸を現しています。

      マークが誕生し、商標として使われるようになりましたが、その後約10年、会社の飛躍発展とともに不思議なマークとしてネーミングが求められるようにり、1958年に「マーシャン」と命名されました。

      MARTIAN(マーシャン)とは英語で火星人を意味し、来るべき宇宙開発時代に応じて世界のマーケットに飛び出そうとする理想の象徴として付けられました。
      ---
      とのことでした。調査は以上です。


      追伸:Amazonで柳宗理を検索する。写真を見るかぎり、包丁にマーシャンマークが確認できる。
       あと、食器セットの箱にもMartianのブランドロゴと火星人がいますね。
       
      追記: 柳宗理先生おなくなりです(H23.12.25)→http://wandc.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
      関連記事
      スポンサーサイト

      tag : Martian マンマシン・インタフェース

      コメントの投稿

      非公開コメント

      プロフィール

      囲鶴斎親仁

      Author:囲鶴斎親仁
      何か買っては自慢するブログ。時々病に悩む。長打一発アーリーリタイア決めて下等遊民たるを夢見るお年頃。
      画像はキリスト看板ジェネレータの復活 (v2)から。

      admin.

      はじめに: ご説明
      読んでくださった方にちょっとだけ役にたつもしくは腹がたつ、無関係な情報も書きこんでおきました
      ガンガン癌即
      うすうす覚悟はしていたものの、いざ告知となってみると、なかなか「が〜ん!」とか言えるような空気じゃありませんでしたよ。そこらの経緯は病気自慢_肺の影タグにまとめときました。→ ここまでのあらすじ
       なお、私の駄法螺より役に立つblogを下に貼っておきました。最新技術、来し方行く末そしてそれへの感想、なんでも記録し公開してくれるみなさんがいること、ほんに有難いと思います。


      Ninja Acc. Rkg.
      広告好配在此一閲
      SinoVarsan, Free Tibet!
      六四天安门事件 The Tiananmen Square protests of 1989 天安门大屠杀 The Tiananmen Square Massacre 反右派斗争 The Anti-Rightist Struggle 大跃进政策 The Great Leap Forward 文化大革命 The Great Proletarian Cultural Revolution 人权 Human Rights 民运 Democratization 自由 Freedom 独立 Independence 多党制 Multi-party system 民主 言论 思想 反共 反革命 抗议 运动 骚乱 暴乱 骚扰 扰乱 抗暴 平反 维权 示威游行 法轮功 Falungong 李洪志 法轮大法 Falun Dafa 大法弟子 强制断种 强制堕胎 民族净化 人体实验 胡耀邦 赵紫阳 魏京生 王丹 还政於民 和平演变 激流中国 北京之春 大纪元时报 The Epoch Times 九评共産党 Nine Commentaries on the Communist Party 新唐人电视台 ntdtv.com 独裁 专制 压制 统一 监视 镇压 迫害 侵略 掠夺 破坏 拷问 屠杀 肃清 活摘器官 献血村 爱慈 黑社会 诱拐 买卖人口 游进 走私 毒品 卖淫 春画 赌博 六合彩 台湾 Taiwan 臺灣 Formosa 中华民国 Republic of China 西藏 土伯特 唐古特 Tibet 达赖喇嘛 Dalai Lama 新疆维吾尔自治区 The Xinjiang Uyghur Autonomous Region 东突厥斯坦 East Turkistan 内蒙古自治区 The Inner Mongolia Autonomous Region 南蒙古 South Mongolia
      和暦/洋暦
      カレンダー
      12 | 2019/01 | 02
      - - 1 2 3 4 5
      6 7 8 9 10 11 12
      13 14 15 16 17 18 19
      20 21 22 23 24 25 26
      27 28 29 30 31 - -
      月別アーカイブ
      Lc.ツリータグリスト
      カテゴリ
      最新コメント
      Amazon新着
      ここまで読んだ貴方に
      にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
       クリックするぞクリックするぞクリックするぞハードにクリックするぞ徹底的にクリックするぞ
       クリックできて嬉しいなあクリックできて嬉しいなあクリックできて嬉しいなあ

       以上1日5000回詠唱し超越神力を身につけましょう。ついでにあたくしんとこのアクセス増。
       あんまし連続クリックするとブログ村にポアされるので、その時は香水を作っていたら失敗したとかQ熱リケッチアとかYAGレーザで狙い打たれたとか色々ごねてみましょう。